可愛すぎるパフィンに会いに行こう!【アイスランド情報】


え?ペンギン?鳥?一見ペンギンのように見えるこの可愛らしい動物の正体は、アイスランドを中心に北大西洋と北極海に生息するパフィンと呼ばれる鳥です。正式名称はニシツノメドリと言いますが、パフィンの愛称で親しまれています。

色鮮やかなくちばしを持っているため「海のオウム」と呼ばれることがあります。泳ぎが大変うまく、潜水時間は20~30秒程ですが、最大60mの深さまで潜ることができ、水をかきながら飛ぶように水中を進みます。見た目もペンギンに似ていますが、泳げるという点でもそっくりです。

パフィンはよちよちと歩き、飛行後の着地が苦手で、先に着地した仲間に激突することもあり、見ているこちら側が癒されてしまう、とても愛らしい鳥です。世界のパフィンの数の60%はアイスランドに住んでいて、人間を怖がらない性格のため、観光客の人気ものです。パフィンが陸で活動する期間は6月から9月までとなり、その期間にパフィンウォッチングが可能となります。パフィンウォッチングをする際は、触ったり餌をあげたりせず、静かに見守ってあげましょう。







スカンジナビアエクスプレス
スカンジナビアエクスプレス

  • アイスランド
  • パフィン