ヘルシンキのカンピ礼拝堂で都心の静寂と出会う


ヘルシンキのにぎやかなスポット、カンピ地区。
ホテルやショッピングセンターが立ち並ぶこの地区で、一際目をひく木の建物があります。

この正体は礼拝堂。
カンピ礼拝堂は、2012年ヘルシンキが世界デザイン都市に選ばれたことを記念して建てられました。
ここではミサや結婚式などは行われず、一人一人が静寂に包まれながら祈りを捧げるためだけに開放されています。
市の中心地でありながら物音ひとつでも響き渡るほどの静寂。この礼拝堂は通称「チャペル・オブ・サイレンス」とも呼ばれます。

カンピ礼拝堂は斬新な木造建築の代表例であり、外部の壁はもみの木を曲げて作られたそうです。
ホールの内側もセイヨウヤマハンの木が使われていて、かすかな木の香りに包まれます。
前方にはシンプルな祭壇に控えめな十字架、ミニマルな美しさです。

天井からやわらかく差し込む光はまるで木漏れ日のよう。
都会の喧騒から逃れ、心を安らかにするのに最適な環境です。

【カンピ礼拝堂 / Kampin kappeli】
公式HP:http://www.helsinginseurakunnat.fi (フィンランド語)
住所:Simonkatu 7(トラム2、9番でSimonkatu下車)
時間:月~金 8:00-20:00、土・日 10:00-18:00
定休日:なし
入場料:無料

北欧周遊ツアー









北欧旅行の専門店 スカンジナビアエクスプレス
スカンジナビアエクスプレス

  • 北欧
  • スカンジナビア
  • フィンランド
  • ヘルシンキ
  • カンピ礼拝堂
  • カンピ