サーレマー島の風車群で黒パン作り【エストニア情報】


エストニア人にとって黒パンは特別な存在です。外国に出かける時には、普段食べているライ麦100%の黒パンを持参するひともいるほど!パンが貴重だった頃はパンを落としたらパンに謝ってキスして食べたという話や、窯から出してすぐにパンを切ると不運に見舞われるなど数々の言い伝えが残っています。さすが黒パンを愛する国ですね。

エストニアのサーレマー島北東部に位置するアングラ風車群には文化センターがあり、ここでは黒パンづくりを体験することができます。昔ながらの製法で黒パンを作るため、ライ麦を石臼で挽いて粉にするところから始めます。時間のかかる作業ですが、自分で作ったパンを食べれば格別に美味しいはずです。
文化センターでは他にも陶器づくり、糸紡ぎ体験、織機でカーペットを織るワークショップなどを開催しています。どれも2時間程で体験でき、料金は一律10ユーロとなっています。また10月にはブレッドフェスティバルを開催し、バラエティに富んだパンが手作りされて提供されます。サーレマー島でエストニアの文化を思う存分お楽しみください。

アングラ風車群公式ホームページ
http://www.anglatuulik.eu/








スカンジナビアエクスプレス
スカンジナビアエクスプレス

  • エストニア
  • バルト三国
  • サーレマー島
  • アングラ風車群