食べておきたい伝統料理【アイスランド情報】


アイスランド料理は素材の良さが美味しさの決め手。アイスランドが誇る新鮮食材から厳しい気候から生まれた珍しい料理まで、グルメな方は要チェックです。

サーモン
アイスランド近海で取れたアトランティック・サーモンは、脂がのっていてとても美味しいです。ソテーにしたり、新鮮なサーモンを使ってマリネにしたりします。ハーブが効いた伝統の味を是非試してみてください。

ラム
アイスランドでは生後4~5か月のラム肉が好まれています。柔らかくて臭みがないのが特徴です。ラム肉を使った国民食的存在で親しまれています。

タラ
スペインやポルトガルで食べられる塩ダラ。しかしダラはほとんどがアイスランド産なのです。かつてはイギリスと漁業権を争ったほどの重要な海産物です。アイスランドでは生のまま食べることも多いです。小さく割いた干しダラはおやつとして人気です。

ロブスター
アイスランドのロブスターはアカザエビの仲間でイセエビやオマールエビとは違いずっと細身で小さめです。しかし、だからこそ味がしまっていて新鮮なエビの風味が楽しめます。グリル料理がお勧めです。

サメ(ハウカットル)
サメの切り身も食用とされています。独特のアンモニア臭が敬遠されがちですが、ハウカットルという発酵食品は珍味として大変人気があります。柔らかい食感で、噛めば噛むほどうまみが広がります。地酒のブレニヴィンやワインに良くあうおつまみです。

海鳥
パフィンやウミガラスは、昔から貴重なタンパク源として食べられてきました。グリルにすると少し硬くなりますが、冷燻料理はアイスランドならではの味です。時期によりますが、卵も料理に使われます。








スカンジナビアエクスプレス
スカンジナビアエクスプレス

  • アイスランド
  • アイスランドグルメ
  • レイキャビク