世界一不味い?サルミアッキ【フィンランド情報】


このつるつるした光沢感のある黒褐色の粒。サルミアッキというお菓子を知っていますか?
サルミアッキはフィンランドを代表とする北欧諸国で有名なキャンディです。フィンランドに旅行に行った日本人はこのサルミアッキを必ずといっていいほどお土産として買って帰ります。

...実はこのサルミアッキ、「世界一マズイお菓子」として有名なのです!
口の中に広がる不思議な甘さと同時に、何とも言えない鼻を刺すような香りがツ―ンと広がります。
いままで食べたことのない未知の味がします。好奇心で買ってはみるものの、食べきれないという方が多いようです。

サルミアッキの味の正体は、化学物質の塩化アンモニウム。塩辛く、刺激臭をもち、肥料や医薬品として使用されていたものです。現在でもフィンランドの薬局ではサルミアッキを喉の痛み止めとして販売しているようです。薬局で販売されているサルミアッキはお土産で買われるものよりさらに強烈な味がします!

1930年代にサルミアッキはフィンランドでお菓子や嗜好品として親しまれるようになりました。日本人にはあまり好かれるような味ではありませんが、現地の人々がこの味が大好きで、チョコレートやグミ、お酒など様々なアレンジが加えられ、愛されています。
フィンランドを訪れた際には、ぜひ本場のサルミアッキにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。







スカンジナビアエクスプレス
スカンジナビアエクスプレス

  • フィンランド
  • サルミアッキ
  • 北欧