トロールのいたずら?【ノルウェー情報】


北欧の国々で伝承されてきた妖精トロール(Troll)。トロールは悪意に満ちた毛むくじゃらの巨人として伝えられてきましたが、近年は変身能力がある小さな妖精として描かれています。北欧諸国のなかでも特にノルウェートロールが有名です。

ノルウェーでは、日常生活でふっと物が無くなった際には「トロールのいたずら」と言われるほど、国民の間でトロールの存在は信じられています。また、「トロルの舌」と呼ばれる断崖絶壁断崖絶壁のトロルトゥンガは、ノルウェーの超人気観光スポットとして世界中の観光客が集まります。

さらにノルウェーには、「妖精のはしご」(トロールスティ―ゲン)とよばれる初夏から初秋までの季節限定道路があります。11ものヘアピンカーブと急斜面の坂がはしごのように見えることから、「トロール(妖精)」の「スティーゲン(はしご)」と名付けられました。世界遺産のガイランゲルフィヨルドから車で2時間ほど北上した、国道63号線の一部区間の地点にあります。トロールは夜になると野山を駆けまわると信じられていることから、トロールスティーゲンにさしかかる国道63号線沿いには、「トロール出没注意」という標識が設置されています。トロールスティーゲンを登り切った先には滝の流れる渓谷美から成る絶景が広がっています。絶景好き、サイクリング好きの方は必見です。

トロールはお土産としても大変人気があり、ほとんどのお土産ショップでトロール人形の取扱がございます。顔つきがリアルで少し怖いものから、ノルウェーの旗を持つ可愛らしいものまで様々なトロールがいます。是非、旅の思い出にお気に入りのトロールを見つけてくださいね。








スカンジナビアエクスプレス
スカンジナビアエクスプレス

  • 北欧
  • ノルウェー
  • トロール
  • トロルの舌
  • トロルトゥンガ
  • 妖精のはしご
  • トロールスティ―ゲン