真冬の伝統食行事:ソーリ【アイスランド情報】


アイスランドにはソーリと呼ばれるご馳走をたくさん食べる伝統行事があります。北欧の旧暦でいう「ソーリ月」の期間(1月半ばから2月半ば)に行われ、北欧神話における霜や冬の神とされるソーリを祝う行事です。ソーリを祝うために、アイスランドの人々は沢山のご馳走とともに祝宴を開きます。このご馳走は普段あまり食べられない珍しい料理が多く、それらの料理を総称してソーラマトゥルと呼ばれています。

ソーラマトゥルの主なものとしては、

ケーストゥル・ハウカール (Kæstur hákarl)腐敗臭の強い発酵したサメの肉。
スュールサジル・フリューツプンガル (Súrsaðir hrútspungar)ヒツジの陰嚢(睾丸を含む)を熟成させたもの。
スヴィズ (Svið)ヒツジの頭部を炭焼きにしたもの。
ハンギキョット (Hangikjot)子ヒツジの脚を燻したもの。
セルシュレイファル (Selshreifar)アザラシもしくはオットセイの足ひれ。

などがあります。かつて食料難があったアイスランドの歴史を感じる料理が多く見受けられます。

この期間には、レイキャヴィクをはじめとするアイスランドの多くのレストランではソーリのビュッフェが提供され、たいへん人気があります。そこでは、多くの場合、トログと呼ばれる木製の大皿の上にソーラマトゥルが盛りつけられます。

1~2月にアイスランドをご旅行をお考えの方は、レストランなどでソーラマトゥルを食べることができるかもしれません。現地でしか味わえない料理と共に、冬のアイスランドをお楽しみください♪








スカンジナビアエクスプレス
スカンジナビアエクスプレス

  • アイスランド
  • レイキャビク
  • ソーリ
  • ソーラマトゥル